建設業許可取得後の手続き

(1)更新手続き

許可の有効期間は、許可のあった日から5年目の許可日に対応する日の前日をもって満了となります。有効期間の末日が、休日でも同様です。

引き続き建設業を営もうとする場合には、期間が満了する日の30日前までに、当該許可を受けた時と同様の手続きにより更新の手続きを取らなければなりません。手続きをとらなければ期間満了とともに、その効力を失い、営業をすることができなくなります。

(2)事業年度終了届

毎年会社の決算が終了した後に、管轄官庁に報告をする必要がございます。

毎年行う必要がございます。もし行っていなければ、5年後の更新手続きを行うことができない場合がございます。

(3)変更届

建設業の許可を受けた後に、会社の役員の変更や商号変更等登記事項等の許可申請内容に変更が生じた場合は、30日以内に届けでる必要がございます。

経営管理責任者等の変更は、2週間以内です。

メッセージ事務所案内業務案内債権回収お問い合わせ採用情報リンクEnglish

「事業承継・相続」「企業法務」「組織再編」「債権回収」他中小企業のための最善のリーガル・サービスを提供する司法書士 行政書士事務所 中央区 千代田区 他

Copyright(c) 2008-2012 Hoshino Legal Firm. All rights reserved.