企業法務コンサルティング

企業法務

企業法務は、会社が一定の規模に達すると必要となる重要な課題です。権利意識が大きくなった現代では、お客様、株主および従業員等に対するコンプライアンス(法令遵守)が非常に重要な要素となってきました。

星野リーガル・ファームは、中小企業のための企業法務=予防法務と捉え、「紛争を事前に防止する」を、合言葉にお客様のニーズに真剣にお応えしようと考えています。

(1)会社議事録作成・内容確認サービス

株主総会議事録や取締役会議事録または、これに付随する書面(以下、「議事録等」といいます。)の備え付けは、いまや当たり前です。以前は、議事録等の備え付けは、今ほど厳密ではなかったと思われます。しかし、個人の権利意識の増大により、議事録等の備え付けは中小企業等でも当然です。

星野リーガル・ファームは、会社法に精通し、議事録の作成・内容確認をスピーディかつ正確に行っております。

その証左として星野リーガル・ファームの代表者である星野文仁が、議事録等の重要性に鑑み、2005年6月「株式会社・有限会社の議事録」、会社法施行に合わせ2006年11月「最新株式会社の議事録事例集」(ともに日本法令)を出版し、中小企業の総務・管理担当者はもちろん、司法書士、税理士、公認会計士弁護士等のプロフェッショナルにも好評を博しました。議事録等の作成ならびにお客様ご自身が作成された議事録等の内容確認サービスを是非ご活用下さい。

(2)株主総会の招集・運営サービス

中小企業であっても、株主の権利意識の増大によって株主総会を適法に開催する必要が迫られています。もし、株主総会を適法に開催しなかった場合には、後々株主に取締役が責任追及される事態も予想されます。

星野リーガル・ファームは、株主総会の招集・運営サービスを行っております。

その証左として星野リーガル・ファームの代表者である星野文仁が、中小企業の株主総会の重要性に鑑み、2007年3月「中小企業の正しい株式実務」(中経出版)を出版し、中小企業の総務・管理担当者に好評を博しました。株主総会の招集・運営サービスを是非ご活用下さい。

(3)法人登記手続オンライン申請サービス

司法書士は、登記手続のプロフェッショナルです。なかでも、星野リーガル・ファームは、1998年の事務所開設以来、クライアントの多くが税理士・公認会計士ということもあって、登記手続の約70%(2007年実績)が、法人登記です。

しかも、2007年4月から法人登記手続には、オンライン申請を導入し、全国各地(ただし、当該登記所がオンライン指定庁であることが条件です。)の法人登記をスピーディかつ正確に行っております。オンライン申請とは、星野リーガル・ファームのパソコンからインターネットを通じて行うため、登記所に出頭する必要はなく、また、登記申請情報を法務省のコンピューターにダイレクトにつなげるため、法人登記手続の審査時間が一般の申請に比べて非常に短くなるといったメリットがあります。そのほか、法人登記申請時に支払う登録免許税が法人設立等一定の場合には、5,000円安くなるといった金銭的メリットもあるのが特徴です。

このオンライン申請の導入によって、全国のお客様に星野リーガル・ファームのハイクオリティーな法人登記手続を提供できるようになりました。

役員変更から、新株予約権、合併、会社分割まで、法人登記手続は、星野リーガル・ファームにお任せ下さい。

(4)IPO(株式公開)アシストサービス

現在の株式公開は売上高よりも法令遵守を適切に行っているかどうかを、問われる時代になりました。株式公開を控えた会社が、もし、コンプライアンスを守れなければ、利益をいくら上げていても株式公開は覚束きません。

星野リーガル・ファームは、1999年6月からIPO(株式公開)コンサルティングを開始し、中小企業のIPO(株式公開)アシストサービスを、行っております。

(5)契約書作成・内容確認サービス

法人間の契約書をきちんと締結しておかなかった、あるいは、契約書を締結したが、その契約書自体に問題があった場合には、そのことによって非常に大きな損害が生じます。重要な契約書の作成ならびにお客様ご自身が作成された契約書の内容確認サービスを是非ご活用下さい。

当事務所料金表はこちらを参照ください。 当事務所への問合わせは事務所案内を参照ください。

メッセージ事務所案内業務案内債権回収お問い合わせ採用情報リンクEnglish

「事業承継・相続」「企業法務」「組織再編」「債権回収」他中小企業のための最善のリーガル・サービスを提供する司法書士 行政書士事務所 中央区 千代田区 他

Copyright(c) 2008-2012 Hoshino Legal Firm. All rights reserved.